無料ブログはココログ

« 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【IMEI書込み編】 | トップページ | 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【Android5.0編】 »

2015年7月 4日 (土)

中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【Root取得編】

こんにちはsign01
またまた、うにゅぽんですcatface

今回はEcoo E04 Plus 3GのRootを取る方法をご説明します。
まず初めにお約束の言葉を・・・

Root取りは大変危険なものですsign01

中国系のアプリを、PCにインストールしないといけないですし、Root取った端末も
セキュリティ的に危険に晒されます。

私は、ブログで取り上げては居りますが、推奨するものでは有りません。
あくまで
自己責任でお願いします。
苦情等入れない様にsign01
自己責任ですからねsign03

っと言うことで、Root取りはメーカー保障もなくなります。
まぁ、中華スマホで、特にキャリアが出していない機種は、メーカー保障なんて最初
から受けられないですけどねcatface
そこら辺は、中華タブレットや中華スマホを自分で取り寄せたりする人は、充分承知
していると思います。

ただ、Rootを取れば今まで出来なかったことが、色々出来るようになり、Androidを
自分色に染めたい人には欲しい存在ですよね。
と言うことで、Root取りLet's gosign01

おっと、まず初めに、今回は画像も多いですし、相当長いブログになります。

あと、今回はEcoo E04 PlusのPC用ドライバーがインストール済みと言うことで
話を進めていきます。
ドライバーがインストールされていない、やり方が分らない方は、ROM書込み編
をご参照して頂き、インストールしてください。

では作業を始めたいと思います。

最初に、お勧めしない事としては、通常使われているメインPCでは、作業を
行わない方が良いと思います。
出来れば、もう眠ってしまっているPCを使う方が良いです。

なぜなら、これから使うPC用のToolは中華系のアプリなので、セキュリティ的に
危険だからです。
それか私の様に、Cドライブをリムーバブルケースに入れ、中華Android作業用と
通常作業用でHDDを入れ替える方法にした方が良いです。
ワザワザ、Windows2個入れるの面倒って方もいるかもしれませんが、それは
簡単な方法が有りますので、いつか紹介します。

あともう一つ、似たようなRoot取りアプリでRoot Genius、これは絶対使わない
事をお勧めします。
入れたが最後、アンインストールしても、裏でなにやら動きまくります。
消すのには、Windowsに対して知識がある人なら、一つずつ消していけるかも
しれませんが、最悪Windowsの再インストールになります。

話がそれましたが、私が今回使ったのはiRoot 1.7.9.2です。
このバージョンで無くても良いかも知れません。
ただ、私が見つけたバージョンで、古いのがたまたまiRoot 1.7.9.2だったのです。
ただ、これから下記に書きますが、Root管理ソフトの違いで、Root管理ソフトが
消せない可能性が出てきます。
Root管理ソフトが消せないsign01と言う場合はiRoot 1.7.9.2を探してみて下さい。

Root_5_4

上記の説明も含めてiRoot 1.7.9.2は、古いバージョンでネットに接続すると、
VRoot 1.8.5だったかにバージョンアップされてしまいます。
これが曲者で、注意が必要です。

バージョンがアップされると、Android内Root管理アプリが
授権(中国簡体字で木又)管理からKinguserに変わります。
余り詳しくない私では、どうやってもKinguserは消せませんでしたweep
よくある、Androidアプリでシステムのアプリとかも消せる物を使っても消せない。
PCからadbコマンドを使いsuで消そうとしても消せない。
しかも、中国にバンバンTCPでなにやら送信してるし・・・

と言うことで対策としては簡単sign01
バージョンアップをさせなければ良いのですhappy02

っつとその前に、どうしてもPCが用意できない人はPC側のレジストリバックアップ
をお願いします。
バックアップの方法ですが、CドライブのWindowsフォルダをダブルクリックし、
下の方にregeditというアプリがあるので、ダブルクリックし起動。

Screenshot_20150619213420

起動の際に「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?
っとでますので「はい」をクリック。

1

そうするとレジストリエディターが開きます。

Screenshot_20150619213420_2

レジストリエディターのメニューでファイルをクリックします。
そうすると、インポートとエクスポートが有ると思うので、エクスポートを選択。

Root_26

適当に自分で分るように名前(ここでは123456789)を付け「保存」ボタンを押す。
これでレジストリの保存が出来ました。
何に使うかは後からのお楽しみ。

またまた話がずれましたcoldsweats01
まず、iRoot 1.7.9.2をダウンロードしたら、Windowsのネットワークを止めます。
私は、Windows7なのですが、右下にディスプレイとケーブルがくっついた様な
アイコンがありますので、それを左クリックしメニューがでたら、
ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。

Root_1

ネットワークと共有センターが開くので、左上の「アダプターの設定変更
をクリック。

Root_2

ネットワーク接続が開くので、全てのアダプターを無効にします。

Root_3

それが終わったら、ウィンドウを閉じて先ほど見たアイコンに赤い×が付いて
いるはずなので確認してください。

Root_4

これで準備はできました。

次にiRoot 1.7.9.2をインストールしていきます。
exeをダブルクリックするとWindowsから警告が出ますが無視して「はい」をクリック。

Root_6

そうすると、インストールの為の工程が順次流れます。

Root_7

Root_8

標準はC:\Program Files (x86)\iRootなのですが、私はD:\Online\Android\iRoot
に入れました。
ここら辺はお好みでOKです。

Root_9

私は一回こっきりなので、下のDon't create a Start Menu folderにチェックを
入れました。
ここもお好みですね。

Root_10

これもデスクトップアイコンなんていらないのでチェックを外しました。
こっちも同様、お好みで。

Root_11

これでインストール終了です。
このままLaunch iRootで立ち上げてしまいましょう。

Root_25

まぁ繋がってないから、繋がってないって言われるわなcatface
とりあえず、このまま放置でOKです。

次にAndroidの設定を行います。
設定の下の方に、開発者向けオプションと言う項目があるので、
画面を触って選択。

Screenshot_20150619193828

そして、開発者向けオプションの中のデバッグ項目、USBデバッグの右にある
□にチェックを入れます。

Screenshot_20150619193841

次に、予めSuperSUとシステムアプリを消せるアプリをインストールします。

Screenshot_20150619194306

私はアプリケーションを消すソフトとしてRoot App Removerを使いました。
消せれば何のソフトでもOKです。

Screenshot_20150619201309

これで両方インストール完了です。
このソフト達は、このまま待機です。

Screenshot_20150619201400

これでEcoo E04 Plus側の設定も終わりです。

後は、PCとEcoo E04 Plus 3Gをケーブル(USB A オス-microUSB オス)で
接続します。
そうするとiRoot 1.7.9.2の画面が下記の様になると思います。

Root_12

さて、Root取得の始まりです。
Connect deviceをクリックsign01そうするとケーブル触っちゃ駄目よって
画面に変わります。
静かに待ちましょうconfident

Root_13

実は、ここでワンクッションあります。
当然ながら、今はまだRootが取れていませんからNo root permissionsと言う
画面が出てきます。

Root_14

この画面が出たらRootボタンをクリックすると、今度こそRootを取る作業に
入りますが、その時にEcoo E04 Plus側の画面に下記の表示が出ます。

Screenshot_20150619194140

ここが最後の選択しです。
やっぱりRoot取るの怖~いweepっと思ったら「同意しない」を押してください。
いやRoot取るんだsign01と言う勇者は「同意する」をクリックsign03
ちなみに予断ですが、こんな画面が出るときもあります。

Screenshot_20150619201525

なんか色違いで普通の黒になってます。
どちらが、どうだとか全然分りませんcoldsweats01
まぁ気にしない。

同意する」を押すと、確かDon't touch usb cablと言う画面が出た気がしますが
画像とるの忘れました。気を取り直して、Rootボタンを押して(画像を入手しましたsign01

Rooting now,please wait..と画面が出まして・・・

Root_28

その後、直ぐにWaiting for deviceと言う画面に変わります。

Root_29

その後、暫く待つとPC側とEcoo E04 Plus側では画面が成功したよsign01
って画面に変わっているはずです。
まずPC側。

Root_15

次に、Ecoo E04 Plus側。

Screenshot_20150619194610

これでRoot取りは完了ですが、中華系のRoot管理アプリでは気持ち悪いので
SuperSUに変えたいですよね

とりあえず、PCとEcoo E04 Plusを切り離してしまいましょう。
そうしないと、何度も繰り返しになるエンドレス状態になりますので。
切り離しは簡単、ケーブルをPCから抜いちゃえばOKです。
そうすると、Ecoo E04 Plus側の画面では切り離された画面になります。

Screenshot_20150619194633

もうこの画面は用済みなのでHomeボタンを押して消しちゃってください。
何かHome画面に追加アイコンが居ますけど無視で。

Screenshot_20150619211717_2

ちなみに、インストールされるアプリは下記画像を参照願います。

Screenshot_201506191946551

ライオンさんマークがRoot管理アプリ、何か丸いマークがPCとの接続アプリです。
このPC接続アプリがあると、無限ループにcoldsweats01
なのでPCとの接続を切ったんですね。

次にライオンさんには消えて頂いて、SuperSUにする作業を行います。

そう言えば勝手にライオンって決め付けてるけどマーライオンだったりしてcoldsweats02

あと、名前が中国簡体字の名前なのでライオンさんで通します。
ライオンさんの設定から始めます。
ライオンさんを立ち上げて、参加なんちゃら~のレ点を外してから、同意○使用
を押します、これでライオンさんが使える様になります。

Screenshot_20150619194928

ここからは、一気にいけます。
SuperSUを立ち上げて、「SUバイナリのアップデートが必要です。続行しますか?
っと出るので、続行を選択します。

Screenshot_20150619194951

その次は、文章が長いので飛ばします。
文章は画像から読んでください。
通常とTWRP/CWMと有りますので、通常を選択します。

Screenshot_20150619195008

この通常を選択すると、ライオンさんが反応してSuperSUインストールには
Root権限が必要だよぉ~っと言ってくるのでの方を選択します。

Screenshot_20150619195023

そうするとSuperSUがインストール完了して、再起動をしろと言われますので再起動。

Screenshot_20150619212004

ふぅ・・・やっとSuperSUまで入りました。
今度は、Root App Removerを設定していきます。
立ち上げると、SuperSUがスパーユーザーリクエストをしてくるので許可します。

Screenshot_20150619212208

Screenshot_20150619212433


許可すると、アプリが立ち上がりますが、ユーザーが入れたアプリしか見えません。
そこで、画面の左側面からスワイプするとメニューが出てきます。
そこに、Sytem appが有るので選択します。

Screenshot_20150619212233

そうすると、システムアプリが見えますので、ライオンさんを探しましょう。
ライオンさんを見つけたら、右側にラジオボタンがあるので選択しレ点を付けます
付けたら、画面下のUninstallを選択します。

Screenshot_20150619212311

Uninstallを押しますと、本当に消していいのか?と聞いてきますのでOKを押します。

Screenshot_20150619212323

これで、ライオンさんともオサラバです。
すっきりしたぁ~note

なぁ~んて実はまだ作業がRoot App Removerで有ります。
さっき画面でみてアプリが2個ほど合ったと思います。
箒のマークは、御免なさい、うる覚えなのですがAndroidの設定から消せたと
思います。
ですが、丸いマークのPC接続アプリは消せません。
なので面倒くさいので、両方Root App Removerで探して消しちゃって下さい。

Screenshot_20150619212528_2

これで完璧sign01

Screenshot_20150619213406

っと思ったら大間違い、まだまだ有ります。
だって中華アプリインストールしたんですもん。

次は跡形付けをしていきます。
まず、本体のストレージを使っているか、外部microSDを使っているか
どちらでも同じだと思いますが、私は外部microSDを使ってますので、
それを使っていきます。

Screenshot_20150629112133

上の画像で赤枠のフォルダー「mgyappmgyun」、これはiRoot 1.7.9.2との接続時
に作られたフォルダーだと思われるので、全て削除しちゃって下さい。
(mgyappはKinguserだったかも知れません。御免なさい。)
次に下の写真の赤枠フォルダーこれも削除です。

Screenshot_20150630181236

Android/dataの下に「com.mgyun.superuser」フォルダーが有るので削除。
最後にもう一個、下のフォルダーを消してください。

Screenshot_20150630151816

このZudeyフォルダーも削除なんですが、なぜかと言うと・・・

Screenshot_20150630151837

こぉんなのが隠れてます。(com.mgyun.superuser_apk
これを消してしまえば、アンドロイド側は全て終了になります。
お疲れ様でしたhappy02

やっとこれでRoot取得の完了です。
いやぁ~長かったな~流石に疲れたdown
本当にお疲れ様でした。confident
あとはRootを取っているので、必ずセキュリティ関係を強化してください。
ファイアーウォールソフトの導入、ウィルス検索ソフト導入、アドウェアの検索
を強化して下さい。
あとシステム関係は、弄らない時はパーミッションを元に戻しておいた方が
確実です・・・・面倒くさいですけどね。

では、長くなりましたのでこの辺で・・・

それでは、またね~note


っと言いつつ実はまだ有ります。
これからは番外編です。
なので最初に書いた通り、別PCを用意できる人や、私の様にCドライブを交換
出来る人はスルーでOKです。

どうしても、メインPCしか無いと言う人の為にPC側で出来る限り消していきます。

まず、PCのコントロールパネルプログラムのアンインストールをクリック。
プログラムの一覧からiRootを探しクリックすると、上と右クリックで
アンインストールと変更」が出るので、クリックしiRootをアンインストールします。

Root_16

アンインストールできたら、次は要らないフォルダーの削除です。
アンインストールしたから消えてるんだろうってそんなに甘くないです。
っと言ってもフォルダー1~2個ですがねcatface
まず、インストール時に設定した、iRootのインストール先フォルダーを確認します。
これ消える時と消えない時があります。
私はD:\Online\Android\iRootに入れました。
確認すると・・・

Root_17

残念sign01今回は残っておりました。
ただファイルは全部消えているようです。
iRootフォルダーを消しちゃいましょう。

次にいきます。
コンピュータを開いて「整理」の中の「フォルダーと検索のオプション」をクリック。

Root_19

そうしますと、フォルダーオプションが開きますので、「表示」タブをクリック。
ここで、2個ほど設定を変えます。
一つ目は「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示しない
を、「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示する」に変更。

Root_22

次は下の方に下がって・・・
保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」にチェックが
入っていると思うので、チェックを外す。

Root_20

チェックを外すときに「警告」が出ますけど「はい」を押す。

Root_21

そうすると、普通のフォルダーはハッキリと、隠しフォルダーは
霞かかって表示されているはずなので、下記の順番でフォルダー移動して下さい。
ローカルディスク(C:)」⇒「ユーザー」⇒「自分のユーザー名(私はGame)
⇒「AppData」⇒「Roaming」迄行くと「mgyun」と言うフォルダーがあります。
この「mgyun」フォルダーをサクッと消しちゃって下さい。
消したら、先ほどフォルダーオプションで変更した所を、元に戻してください。

次に、Windowsフォルダーにあるregeditをダブルクリックして起動。
ここで、最初に保存したレジストリファイルが役に立ちます。

Screenshot_20150619213420_3

今度は、先ほどの逆でインポートをします。
ここでは私は123456789と言うファイルを作りました。
それをインポートします。
レジストリエディターのメニューのファイルを選択するとインポートとエクスポート
があり、今回はインポートをクリックします。

Root_27

123456789を選択しました。
これで「開く」をクリックすると、iRootをインストールする前のレジストリに
戻るはずです。

以上で私の知る範囲内での、iRootインストール前のリカバリーは終わりです。
足りない所があったら申し訳ありませんweep
この作業のほかに、ウィルス検索ソフトでウィルスが居ないかの検索と、
アドウェアが存在しないか確認してください。
アドウェア検出ソフトはフリーでも有りますので、探してインストール願います。
それでも動きが変だったら、最悪Windowsの再インストールをして下さい。

という事で番外編もこれで終わりです。
今回は本当に長い文章になりました。
読んでいる方が居たら感謝いたしますconfident
それでは、本日2度目の・・・またね~note

« 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【IMEI書込み編】 | トップページ | 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【Android5.0編】 »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572953/61824112

この記事へのトラックバック一覧です: 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【Root取得編】:

« 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【IMEI書込み編】 | トップページ | 中華スマートフォン Ecoo E04 Plus 3G【Android5.0編】 »