無料ブログはココログ

« 東北太平洋沖地震被災者の方へ、心よりお見舞い申し上げます | トップページ | IMX515(MHK-802)にUSBハブの増設が出来ました »

2011年3月18日 (金)

IMX515の画面ぷるぷる

いきなりですが、APAD IMX515って何種類かあるんですね。
私のは何になるんだろう・・・
マニュアルに書いてある型番はMHK-802ってなってます。

さてさて一通り動作を確認して気になった事が出てきました。
ウィジェットをゴミ箱に捨てようとすると、ウィジェットがブルブル震えて捨てられないのです。
通常はウィジェットを長押ししてゴミ箱まで運ぶと捨てられるのですが、長押し中にウィジェット
が震えるため、ゴミ箱に移動する途中に指から離れてしまいます。
どうしたものか・・・

取りあえずタッチパネルの信号を、オシロスコープで確認するため分解開始!
あっ 分解前のブルブル感を保存しわすれた

分解したらオシロスコープでモニターして・・・あれ?

分解してプローブを当てるために、タッチディスプレイを浮かしてたのですが、綺麗に線が引けるじゃないですか!

Img_001_3

要するに、タッチディスプレイと液晶画面の間に何かあるってことですね。

考えられる事は

① タッチディスプレイと液晶画面の間に、静電気等の電気的な何かがある。
② タッチパネルが柔らかいため、力を入れると押しすぎて座標が曖昧に認識される。

②なら浮かせた状態の方が悪くなるはず・・・
っと言う事は①かな?

試しに、液晶画面とタッチディスプレイを液晶用の、ウェットティッシュクリーナーで拭いてみる・・・
おっ 少し治まったかもしれない!

Img_002_2

やっぱり静電気っぽいですね~
これを何とかすれば良くなるかも知れないですね。
拭くのは応急処置なので何とか処置方法を考えないとな~

お約束ですが・・・
中華Androidタブレットは種類が沢山あり、同じ名前でも型式が違うものが沢山あります。
当然ですが、症状が私と同じとは限りません。
私と同じことをしても、治らない可能性があることご了承ください。
あくまで自己責任でお願いします!

では、次はブログを書きながら色々弄ってましたので、その事を書こうと思います。

(もう作業は終わっているんですがね!)

« 東北太平洋沖地震被災者の方へ、心よりお見舞い申し上げます | トップページ | IMX515(MHK-802)にUSBハブの増設が出来ました »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572953/51155855

この記事へのトラックバック一覧です: IMX515の画面ぷるぷる:

« 東北太平洋沖地震被災者の方へ、心よりお見舞い申し上げます | トップページ | IMX515(MHK-802)にUSBハブの増設が出来ました »